FXで勝つには損をさせることが重要

副業で知られているFXで勝つには、相手に損をさせることが重要です。FXの仕組みは大雑把に言えば、誰かが損をすれば誰かが得をするというようなシステムであるため、基本的に勝つためには損をさせるというポジションを維持することがとても重要になります。このポジションにつきやすいのが機関投資家と呼ばれる資金が豊富にある側の人物たちに当たり、こちら側の資金投入のやり方を学習していくことでFXでの勝率は高まると言われています。

ただ、FXは、大衆心理という物も大きく影響を及ぼし、この心理を掴むことができるかどうかも重要で、機関投資家はこの心理を掴みやすいと言えます。何故なら、資金が多いが故に資金を自由に投入し、審理を誘導できるのが機関投資家であるからです。機関投資家は、自由に資金を投入し、その資金を回収することができる点が利点で、あえて損を指せるよう為替を操作し、為替が変動すれば自分が望む利益を上げるための為替を動かせば利益を生み出すことができるため2つの行動をとることができる点があります。

一般投資家の場合は、利益を上げれそうな為替に参加することしかできない分、相手に損を指せようという心理は働きません。その為、多くは個人投資家は為替に振り回されて損をすることで詐欺だったのではないかと考え、投資をやめてしまう人も多いのです。では、個人投資家はどうすればよいかですが、個人投資家は、相手に損を指せようという行動をとることは難しく、第3者が損を指せようと動いている間傍観するか、次にどの銘柄が利益を上げそうなものであるかを予測して動くことしかできません。

逆を言えば集団心理を理解して、どの銘柄で損をしてどの銘柄で利益を上げるかを理解することができれば一般の投資家でも利益を上げることができるため、要は機関投資家の動きを見てどのように集団心理が流れているかを理解できればおのずと次にトレードするものが見えてくるというのがFXで勝つための方法になります。

もちろん、相手に損をさせることができればそれだけ自分は得をする方向にもっていくことができますが恐らく個人投資家でそこまで余裕があり、投資をしている人はまれであると言えますので個人投資家がとるべき行動は集団心理を理解したうえで相手がどうすれば損をして自分だけが得をするかを考えるというのが正しいやり方です。

以上がFXで勝つ方法ですが、要は相手に損をさせて自分だけが利益を上げることができればそれでよいという考えを持つことが重要であるというわけです。

タイトルとURLをコピーしました